離婚届

2021/12/9
ドイツにおいてドイツ法に基づき離婚した場合,3か月以内に日本側に離婚届を提出する必要があります(ドイツの裁判で離婚が確定した場合の報告的届出)。
 なお,ドイツにおいて,離婚は裁判所の決定によるものしか認められておらず(ドイツ民法第1564条),ドイツに在留する日本人同士の日本の方式による協議離婚は,今後ドイツで生活を継続するにあたり,身分行為の成立において問題が生じる可能性がありますので,日本人同士の日本の方式による協議離婚の届け出にあたっては,事前に当館にお問い合わせください。また、ドイツにおいては、原則として、離婚後も未成年の子に対する親権は引き続き両親にあります(共同親権)。

○えっ!親子の海外渡航が誘拐に?(ハーグ条約リーフレット)

 

必要書類

1 離婚届 2通 1通は原本,もう1通はコピーで可(ただし署名は2通とも自署) 記入例
2 戸籍謄本 1通 原本
(記載内容に変更がなく、なるべく新しいもの)
 
3 ドイツの裁判所発行の離婚判決謄本原本(Scheidungsurteil)。離婚確定日が明記されたもの 1通 原本(原本は確認後、返却します)  
4 同和訳文 1通    
  

注意事項

(1)外国人との離婚による氏の変更届
 外国人との婚姻により,「外国人との婚姻による氏の変更届」(戸籍法107条2項)の届出により外国人の氏(姓)に改姓した方は,離婚確定日から3か月以内であれば,家庭裁判所の許可を得ることなく,婚姻前の氏(姓)に戻すことができます。「外国人との離婚による氏の変更届」を提出してください。

(2)遅延理由書
 離婚成立から3か月以内に届け出なかった場合には,上記必要書類に加え,遅延理由書を提出してください。

(3)郵送による届出
 郵送による届出も可能です。ただし,当館に届出書が到着した日が届出日となります(消印日は届出日には当たりません)。
 郵送での届出の場合には,離婚判決謄本は原本ではなく,認証されたコピー(beglaubigte Kopie)を同封してください。
 送付先
 住所:  Japanisches Generalkonsulat Düsseldorf
     Konsularabteilung
     Breite Straße 27, 40213 Düsseldorf

(注)郵送事故(郵送途中の紛失)については,当館は一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

(4)届出用紙
 上記届出用紙(A4サイズ)を印刷してご記入ください。
 届出用紙の郵送をご希望の場合,返信用封筒(A4サイズ,返送先住所及び宛名を記載したもの)と1.6ユーロ分(2022年1月現在)の切手を同封の上,当館領事部宛て(下記)にご請求ください。届出用紙など必要書類を送付いたします。
 請求先
 住所: Japanisches Generalkonsulat Düsseldorf
    Konsularabteilung
    Breite Straße 27, 40213 Düsseldorf

(5)戸籍に記載されるまでの所要日数
 戸籍に関する各種届出は,当館窓口に提出してから,日本の市区町村の戸籍に反映されるまでに約4~6週間を要します。