証明

2021/5/21

年金・恩給受給手続きのための在留証明

対象となる年金等

公的年金(国民年金・厚生年金)及び恩給等の受給手続きのために在留証明を申請する場合、領事手数料は免除となります。

 なお、国民年金基金・企業年金(「○○厚生年金基金」を含む)については、手数料免除の対象となりません
 
 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた確認届・現況届の提出期限に係る取扱いについては、こちらの日本年金機構ホームページをご確認ください。
 

申請条件

  • 日本国籍者であること
  • ドイツに3か月以上滞在していること、または3か月以上の滞在が見込まれていること(在留届等で確認します)
  • 日本に住民登録されていないこと
 

必要書類

(1)これから年金受給手続きをされる方
  • 申請書 在留証明願(年金・恩給用)   記入例
  • 有効な日本国旅券(パスポート)
  • 年金証書、記入済み年金請求書(日本国内の年金事務所,日本年金機構ホームページ、または公務員共済組合等から入手)など、受給権者であることがわかる書類
  • 3か月以内に発行されたドイツの住民票(Meldebescheinigung /Aufenthaltsbescheinigung等,現住所の居住開始日が記載されたもの)

(2)すでに年金を受給されている方(現況届等)
  • 申請書 在留証明願(年金・恩給用)   記入例
  • 有効な日本国旅券(パスポート)
  • 日本年金機構(または、公務員共済組合)等から送付された宛名の書かれた封筒及び現況届等(はがき)
(注)現況届等が入っていた宛名の書かれた封筒がない場合は,3か月以内に発行されたドイツの住民票(Meldebescheinigung /Aufenthaltsbescheinigung等)が必要となります。

 

所要日数

 通常、申請日の翌開館日以降にお渡しできます

 

手数料

 免除

 

申請者及び受領者

 申請は、原則としてご本人に限ります。ただし、病気やケガなどやむを得ない事情で本人が来館できない場合は、代理人による申請も可能です。その場合は、申請者本人の署名付き委任状、申請者本人の旅券(原本、コピー不可)、代理申請者の顔写真付き身分証明書(旅券、運転免許証など)、医師の診断書等が必要となります。
 交付時は代理受領が可能です。代理受領者は、申請者本人の署名付き委任状、申請者本人の旅券(原本、コピー不可)、代理受領者の顔写真付き身分証明書(旅券、運転免許証など)を持参してください。
 また、当館領事窓口に直接申請された方が、郵送による交付を希望する場合は、申請時に返信用封筒(切手貼付済み、宛先記入済みのもの)をご用意いただければ、後日郵送いたします。
 

郵送申請及び郵送交付

 以下3つの条件をすべて満たす場合には、郵送による申請および交付が可能です。ご希望の方は、当館領事部までご相談(電話またはE-mail)ください。

  • 公的年金(国民年金・厚生年金)をすでに受給されている方
  • これまで同じ目的(公的年金受給目的)で当館から在留証明の発行を受けたことがある方
  • 前回申請時から現住所に変更のない方

 なお、郵送事故(郵送途中の紛失)については、当館は一切の責任を負いませんので予めご了承ください