ノルトライン=ヴェストファーレン州における新たな防疫対策(博物館,動物園,理容室,子どもの遊び場の再開等)(2020年5月2日付)

2020/5/2

4月30日にメルケル・ドイツ首相と連邦各州首相間で合意された,新型コロナウイルス感染拡大に伴う規制緩和に関する事項を踏まえ,NRW州政府は,5月1日,関係政令を改正するとともに,以下の内容を公表しました。新たな措置は一部例外を除き5月4日から施行されます。
 
1.新たに再開可能となる運営・営業
(1)5月1日(金)から再開が可能となったもの
●礼拝については,各教会や宗教団体において,適切な衛生措置,来訪者同士の1.5メートル以上の間隔保持等の各種対策を講じることを条件に,5月1日(金)から再開が可能となっています。
(2)5月4日(月)以降に再開が可能となるもの
●以下については,適切な衛生措置,入場制限,来訪者同士の1.5メートル以上の間隔保持等の各種対策を講じることを条件に,5月4日(月)から運営・営業の再開が可能となります。
ア 博物館,展覧会,美術館,城,記念碑関係施設 等
イ 動物園,植物園,園芸展覧会 等
ウ 理容室・美容室,フットケア施設 等
エ 市民大学(Volkshochschule),音楽教室,学校以外の公的・私的教育施設,職業訓練・資格試験場 等
(3)5月7日(木)以降に再開が可能となるもの
●子どもの遊び場については,各自治体との合意・準備を経て,5月7日(木)から再開が可能となります。なお,利用の際,同伴者に関して1.5メートルの距離間隔の保持(同居家族間等を除く)が求められるほか,自治体等が人数制限・例外的な使用禁止等の規制を設けることができるものとされています。
 
2.以下の規制は、当面継続(政令上は当面10日まで継続)されます。
●72時間以上ドイツ国外に滞在した者がドイツに入国した場合に課される、自宅等における14日間の隔離義務。
●公共交通機関や小売店の利用時等におけるマスク着用義務,公共の場における他者との1.5メートル以上の距離間隔保持義務。
※なお,博物館,展覧会,美術館,城,記念碑関係施設等の利用者や,動物園,植物園,園芸展覧会等における密閉施設の利用者等に対しては,5月4日(月)以降,新たにマスクの着用義務が課せられます。
●接触禁止措置(公の場における3名以上の会合の禁止等)。
●飲食店営業(テイクアウトを除く),フィットネスジム,映画館,その他上記1.(1)~(3)に掲げたもの以外の施設に対する運営・営業禁止措置。
●行事や集会の禁止措置。
※なお、市民祭,特別な市場(年に一度の市場),音楽フェス,スポーツフェス,射撃祭,ワイン祭り等の大型行事については,8月31日(月)まで禁止となります。
 
3.その他
●学校(小学校第4学年以外の授業開始等),保育,スポーツ活動,飲食店営業の再開については,5月6日(水)にドイツ全土で協議の上,決定される見込みです。
●NRW州交通省は,5月4日(月)以降,各停及び急行列車の本数を増加させるなど,今後数週間をかけて州内の近郊鉄道の運行量を拡大し,段階的に通常運行へ移行させることを発表しました。
 
【参考】
■州政府HPプレスリリース(独語)
https://www.land.nrw/de/pressemitteilung/mit-abstand-und-schutz-betrieb-bestimmter-kultur-und-freizeiteinrichtungen-ab
■州政府関係政令(独語)
https://www.land.nrw/sites/default/files/asset/document/2020-05-01_fassung_coronaschvo_ab_04.05.2020.pdf
■ドイツにおける新型コロナウイルスに関する最新情報
【在ドイツ日本国大使館ホームページ】
https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus200313-1.html
【当館ホームページ】
https://www.dus.emb-japan.go.jp/itpr_ja/Coronavirus_02.03.2020.html

(お問合わせ先)
○在デュッセルドルフ日本国総領事館
電話 : + 49 (0)211-16482-55(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX  : + 49 (0)211-16482-76
E-mail: anzen@ds.mofa.go.jp