安全安心メール

2016年

1月11日 安全安心メール:デュッセルドルフ中央駅前で強盗致傷事件

 1月9日(土)午前10時頃、デュッセルドルフ中央駅前の路上で、男3人組が23歳の男性に暴行を加えて金品を奪う強盗致傷事件が発生しました。犯人は現在も逃走中で、警察が注意喚起と共に事件に関する情報提供を呼びかけています。お心当たりの方は、デュッセルドルフ市警察刑事捜査32局(電話0211-8700)まで情報提供をお願いします。

 デュッセルドルフ市内では引き続き路上強盗が相次いでいます。夜間や人気のない場所では一人歩きを避けるなど自己防衛を徹底するとともに、万一、犯罪被害に遭った場合は、不用意に抵抗せず、速やかに110番通報するように努めて下さい。

 

今回の事案概要は以下のとおりです。

 9日10時頃、デュッセルドルフ中央駅前のKonrad-Adenauer-Platzにあるタクシー乗り場付近で、23歳男性が中央駅に向かう途中、男3人組に声をかけられて突き飛ばされた。男3人は男性を激しく壁に押しつけて何度も殴り、男性を負傷させた。通行人が来たため、犯人は高価な衣服類や財布が入ったバック2個を被害者から奪って逃走した。

 犯人はいずれも黒系衣服を着用し、身長175から185cmで、一人は赤色帽子をかぶり、もう一人は無精ひげを生やしていた。また3人いずれも南欧系の外見で、互いに外国語で会話していたが、被害者にはドイツ語を話したとのことである。

 

《総領事館からのお願い》

○日頃から危機管理意識を持ち、外務省の海外安全情報や報道等により、最新の治安情勢を把握するよう努めてください。

○3か月以上滞在する方は、緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。

http://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=1480&m=1378&v=786e9dfd

http://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=1481&m=1378&v=f94bf8da

○3か月未満の旅行や出張などの際にも安全に関する情報を随時受けとれるよう、「たびレジ」に登録してください。

(詳細はhttp://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=1482&m=1378&v=a15551f2 参照)