ケルン市内における政治集会の開催について注意喚起

NRW州にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

デュッセルドルフ総領事館

 


ケルン市警察のホームページによると、11月12日(土)午後12時から5時までの間、同市内Deutzer Werft地区において、トルコ情勢に関する政治集会が開かれる予定です。この集会には、約10,000人の参加者が見込まれております。


また、同日デュッセルドルフ市内において予定されていた、クルド系団体によるデモ行進が中止とされ、上記ケルン市内の集会に参加するよう呼びかけています。警察発表によれば、約20,000人から30,000人が集会に参加する見込みです。

このため、Deutz及びPoll地区で一部交通に支障が出るおそれがあります。なお、市内にかかる橋の封鎖については今のところ予定されていません(詳細についてはケルン市警察のホームページをご参照ください。http://www.polizei.nrw.de/koeln/artikel__14866.html)。


ケルン市警察では、11日(金)午前9時から午後5時まで、12日(土)の午前9時から集会の終了まで専用回線(0221/229-7777)を設置し対応にあたるとしています。


同日ケルン市を訪問される予定の方は、時間に余裕を持って行動していただくとともに、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあり得ますので、市内で集会参加者等と遭遇した際には、興味本位で近寄ったりしない等用心してご自身の安全を確保するようお願いいたします。
 

今後、警察や報道機関等のホームページにおいて、デモに関する詳細な情報を掲載する可能性がありますので、下記のウェブサイトを参考に最新情報の入手に努めて下さい。

○ケルン市警察本部:http://www.polizei.nrw.de/koeln/artikel__14866.html

○ライニッシェポスト紙:http://www.rp-online.de