第14 回デュッセルドルフ日本映画週間


デュッセルドルフ日本映画週間は、2007年以降、在デュッセルドルフ日本国総領事館、デュッセルドルフ映画博物館、ケルン日本文化会館の共催で毎年開催している観賞無料のイベントで、今年で14回目を迎えます。
ドイツの多くの方々に、日本関連映画を通じて、日本の多様な側面や文化、日本人のメンタリティーを紹介し、当地において日本ファンの裾野を更に拡大することを目指しています。
今年度のテーマは、本年夏に開催される東京オリンピック・パラリンピックに合わせて「東京」と「スポーツ」となっており、公演や音楽・スポーツの実演も同時に行われる特別イベントも開催予定です。
 
全ての映画が入場料無料、特別な記載がない限り日本語音声+ドイツ語又は英語字幕でご鑑賞いただけます。




2020年1月10日(金)のオープニングは、2019年の映画ピア~まちをつなぐもの~(監督:綾部真弥)をヨーロッパ初公開として公開いたします!医療供給と在宅介護のあり方、人と人のつながりや家族の大切さを考えさせてくれる本映画を是非ご観賞ください!
 
 
第14回デュッセルドルフ日本映画週間の完全なプログラムは、こちらです。

開催時期:2020年1月10日(金)~2月7日(金)
開催場所:デュッセルドルフ映画博物館(Schulstraße 4, 40213 Düsseldorf)
デュッセルドルフ市立博物館(Berger Allee 2, 40213 Düsseldorf)
デュッセルドルフ教育センター(Bertha-von-Suttner-Platz 1, 40227 Düsseldorf)
ハインリッヒ・ハイネ大学セミナーハウス(Schadowplatz 14, 40212 Düsseldorf)
 
主催:在デュッセルドルフ日本国総領事館、デュッセルドルフ映画博物館、国際交流基金 ケルン日本文化会館との共催
今年度もスポンサーの皆様のご支援により、第14回デュッセルドルフ映画週間を下記の要領で開催することが決定しました。この場をお借りして心より感謝申し上げます。
 
【ご案内】
チケットの事前予約は承っておりませんので、ご了承ください。各上映会開始時間の30分前より、受付にて整理券を配布します(但し。一人最大2枚まで)。