在留届

近年、海外に在住する邦人の数が増えるに伴い、海外で事件・事故や思わぬ災害に巻き込まれるケースが増加しております。万一、皆様がこのような事態に遭った場合、日本国大使館、総領事館は「在留届」をもとに皆様の所在地や緊急連絡先を確認し援護活動を行います。また、パスポートの更新、在外選挙人名簿への登録などの申請の際の確認書類にもなります。(詳しくはこちらをご参照くださいexterner Link
 

 在留届の提出義務

外国に住居又は居所を定めて3か月以上滞在する人は、旅券法第16条により、その地を管轄する日本国大使館、総領事館に「在留届」を速やかに提出するよう義務付けられています。提出は郵送・FAXあるいはインターネットでも可能です(インターネットをご使用の場合は、在留届電子届出システム「ORRネット」をご利用ください(詳しくはこちらをご参照くださいexterner Link))ので、現地に到着し、住所又は居所が決まりましたら、すみやかに「在留届」をご提出願います。

 

 帰国、住所変更等の届出

提出後、転居等で在留届の記載事項が変更になった場合や帰国する際には、必ず在留届を提出した大使館、総領事館にご連絡願います。なお、平成26年4月1日より、以下の方については、当館管轄地域から転出したものとして扱わせていただきますのでご了承ください。

・ 在留届の「滞在期間」欄記載の滞在終了予定日を経過しても何のご連絡もいただけず、更にその後1年間、当館にて在留が確認できない方

・ 「滞在期間」欄記載の滞在終了予定日が到来していない方のうち、1年以上の長期にわたり、当館から連絡がつかない方

 

 在留届の用紙

以下のものをダウンロードしてご利用いただくか、総領事館にて入手願います。また、遠隔地の方へは、用紙の郵送を行っていますので、返信用切手を貼って申し込んでください。

在留届(新規に滞在される方)
在留届・記入例
記載事項変更届(住所の変更、同居家族の追加等)
帰国・転出届(帰国、管轄外への転出)