安全安心メール

2015年

5月28日 安全安心メール:高齢者を狙った強盗事件

5月26日、デュッセルドルフ市中心部で、介添えを装って高齢者に近づき宝飾品を奪う強盗事件が発生し、警察は事件に関する情報提供と共に注意を呼びかけています。

 

事件概要は次のとおりです。

26日午前10時45分頃、市内Graf-Adolf-Strasseの病院で、83歳の高齢女性が玄関ホールを通って階段に上ろうとしたところ、見知らぬ若者から介添えを受けた。同女性が階段を数段上ったところで、介添えをしていた若者は突然同女性のネックレスを握って引きちぎった。同女性はネックレスをつかんで抵抗したものの床まで転落し、若者はいずれかに逃走した。強盗犯人は年齢20歳位、身長約160cmの黒色短髪で、黒系衣服を着用していたとみられ、玄関付近で犯人の仲間が待っていたとの目撃情報もある。

 

本件に関する情報をお持ちの方は、デュッセルドルフ市警察刑事捜査36局まで情報提供をお願いします(電話0211-8700)。