安全安心メール

2015年

11月20日 安全安心メール:クリスマスシーズンは安全対策を万全に!

各地のクリスマスマーケットが始まり、いよいよクリスマスシーズンの到来です。この時期は例年すりや置き引きの被害が多発しています。当館ホームページに掲載中の防犯ちらし ( http://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=1310&m=1378&v=292de562 ) や以下の点を参考に被害の防止に努めて下さい。

○外出時の所持金品は必要最小限とし、混雑した場所では特に手荷物に意識を集中する。

○携帯電話はズボンの後ろポケットではなく、前ポケットに入れる。

○見知らぬ人から話しかけられた場合は、どんな状況でも所持品等への注意を怠らない。

○不用意に旅券を持ち歩かず、貴重品は上着の内ポケット等体に密着させて携行する。

○バッグは閉じたファスナーを内側にして肘で抑えるように所持する。混雑した場所ではリュックサックを背負わない。

 

また、現在のところ、クリスマスマーケットに対するテロ計画等具体的な危険情報はないと承知していますが、パリにおける連続テロ事件を受け、治安当局はクリスマスマーケットの場所を含め警戒の度合いを高めています。皆様におかれても、このような情勢にも鑑み、不特定多数の人が集まる場所では、周囲の状況や不審者などへの注意を怠ることなく、事件事故等に巻き込まれることのないようくれぐれもご注意下さい。