安全安心メール

2015年

7月14日 安全安心メール:昨年発生のケルン市内でのけん銃使用強盗事件

7月14日、ケルン市警察は、昨年11月12日にケルン市内で発生したけん銃使用強盗事件について、再度報道発表を行って、犯人に関する情報提供を呼びかけています。明日15日にZDF放送で放映予定の番組「Aktenzeichen XYungeloest」の中でも本件が取り上げられています。お心当たりの方は、ケルン市警察刑事捜査14局(電話0221-2290、E-mailpoststelle.koeln@polizei.nrw.de)まで情報提供をお願いします。

なお、警察の報道発表で犯人の映像がご覧頂けます。

http://www.presseportal.de/print/3070683-print.html?type=polizei

 

事件概要は以下のとおりです。

2014年11月12日午前3時10分頃、ケルン市中心部Hohenzollernring (ケルン大聖堂の西方約1km)で、2人組の男が、67歳の女性が運転するタクシーに乗り込み、市郊外のDellbrueck (同大聖堂の西方約10km)に移動した。タクシーが動物愛護施設近くに差し掛かると、男2人は、運転手にけん銃を突きつけながら現金と貴重品を渡すよう要求した。男2人は、運転手を縛り上げて森に置き去りにしたまま、タクシーを運転して再び市中心部のKoeln-Deutzに戻り、そこからいずれかへ逃走した。犯人が乗り捨てたタクシーは、1時間後にCharles-de-Gaulle-Platzで警戒中の警察官によって発見された。

犯人2人は、犯行前にHohenzollernringのタクシー乗り場にいる様子が防犯カメラによって撮影されており、2人が付近を何度も行き来する様子が映っている。犯人はいずれも身長175cm位で、1人は眼鏡を着用してひげを生やした丸顔のがっちりした体格であり、ドイツ人とみられる。もう1人はやせ形で、犯行時に灰色と黒のウール製帽子を着用し肩掛けバック2個を所持していた。