安全安心メール

2015年

11月6日 安全安心メール:デュッセルドルフ市中心部での大規模デモ

11月6日(金)及び7日(土)の両日、デュッセルドルフ市中心部で、反イスラムや難民受入反対を訴える極右デモと、これに反対する対抗デモが予定されています。

6日(金)午後6時から午後10時まで、市内Unterrath(空港南側)で、反イスラムデモDuegidaと対抗デモが予定されています。また、7日(土)午後3時30分から午後7時まで、市内Grabbeplatz(州立美術館前)からHeinrich-Heine-Alleeにかけて、難民受入反対を訴える極右デモが予定されているほか、同日午後3時から午後8時まで、同所で対抗デモも予定されており、あわせて約1000人の参加者が見込まれています。

警察では、両日とも違法事案に備えて多数の警備部隊を配置するとともに、7日(土)午後4時15分から午後7時まで、Heinrich-Heine-allee周辺の道路を封鎖する予定です。これに伴い、旧市街地を含む同地区周辺では渋滞や公共交通機関の乱れが生じ得るほか、駐車場の出入りも困難になることが予想され、警察は同日午後以降、同地区への車両での乗り入れを避けるよう呼びかけています。

また、興味本位でデモに近寄ったり、写真を撮影した場合、思わぬトラブルに巻き込まれかねませんので、市内でデモ隊と遭遇した際には、デモ参加者を刺激しないようその場から離れて下さい。

今後、警察や報道機関等のホームページにおいて、デモに関する詳細な情報を掲載する可能性がありますので、下記のウェブサイトを参考に最新情報の入手に努めて下さい。

○デュッセルドルフ市警察本部:http://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=1204&m=1378&v=02bd4da4

○デュッセルドルフ市道路交通案内:http://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=1205&m=1378&v=83982883

○ライニッシェポスト紙:http://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=1206&m=1378&v=db8681ab