安全安心メール

2015年

6月5日 安全安心メール:ケルン市内のホテルでけん銃使用の強盗事件

6月4日夜、ケルン市内のホテルで、見知らぬ男2人組が従業員をけん銃で脅して現金を奪う銃器使用の強盗事件が発生しました。犯人は現在も逃走中であり、警察では注意喚起と共に事件に関する情報提供を呼びかけています。お心当たりの方は、ケルン市警察刑事捜査14局(電話0221-2290、E-mailpoststelle.koeln@polizei.nrw.de)まで情報提供をお願いします。

 

事件概要は次のとおりです。

4日深夜0時少し過ぎ、ケルン市内Blaubach(ケルン大聖堂の南方約1km)で、覆面姿の男2人組がホテルに押し入り、26歳のホテル従業員にけん銃を突きつけながら、レジにある現金を渡すよう要求した。襲撃を受けた被害者は「強盗犯人がレジに手を伸ばした後、自分は床に伏せるよう要求された。犯人は奪った現金を布製の袋に入れて旧市街地方向に逃走した」と語った。

 

犯人の1人は、身長約165センチの肥満体型で、もう1人の犯人は身長約180センチで肩まで伸びた金髪であり、犯行時は2人とも黒っぽい衣服、手袋、黒色帽子を着用していたほか、2人の顔は黒色のマスクで覆われていたとのことである。