経済と政治

企業活動支援・経済関係行事 【 2008年 】


  
「レストラン関係者を対象とした
日本食品・調味料ワークショップ」
2008年11月13日

於:フェーリックス・フェッヒェンバッハ職業高等専門学校
(デトモルト市)
 
 


総領事館では11月12日~14日、ノルトライン=ヴェストファーレン州内のオスト・ヴェストファーレン及びリッペ地方の四都市(レムゴ、デトモルト、ビーレフェルト、パダーボーン)を訪問しました。このうち、デトモルト市にあるフェーリックス・フェッヒェンバッハ職業高等専門学校は2004年より宮城工業専門学校と姉妹校関係にあり、活発な交流が行われています。

11月13日にフェーリックス・フェッヒェンバッハ職業高等専門学校の協力を得て、デトモルト市周辺のレストラン関係者(約30名)を対象とした「日本食品・調味料ワークショップ」を実施しました。

 
   
写真:クリューター校長(左)、ラーベ学科長(中央)、丸尾総領事(右)による挨拶
 

本事業では、日本食文化の紹介を通じ、日本食料品の輸出促進と州内所在の日本食品企業支援を目的とし、日本食材・調味料の洋食へのアレンジを実演しました。地元の外食産業関係者の方々に、日本食材・調味料を身近なものと感じてもらい、現場での需要拡大を図ることを狙いとしました。

この度はキッコーマン、JFC、キリンビールの各社にご参加いただき、食材提供やプレゼンテーションをしていただきました。また、本事業は日本政府が推進する食料品輸出促進のための「Try Japan' s Good Food事業」の冠事業としても実施し、資料配布等を行いました。

 
 
写真:早水講師による前菜調理実演(左)、参加者による調理実習(右)
 

この日は講師として早水清さんにお越しいただき、バルサミコ酢と醤油の組み合わせや、肉や魚の漬け床としての味噌の活用方法、抹茶を用いたデザート等、すぐに応用できるアイディアの提供を行いました。参加者からは、「美味しい」という言葉とともに驚きや賞賛の言葉が聴かれ、自分の店のメニューに加えることを検討するという意見も聞かれました。また、参加者の中には早速、日本食品の仕入れを検討する方もおり、商品リストを入手する場面も見受けられました。

なお、地元プレスによる取材が行われた他、世界各地にある同職業高等専門学校の姉妹校にワークショップの模様がインターネットでライブ配信もされました。

 


写真:早水講師によるデザート実演

 
写真:前菜調理見本(左)、デザート調理見本(右)

 
【 献 立 】
鮪のたたき風カルパッチョ バルサミコ醤油添え
黒豚肩ロースの味噌漬け焼き
バニラアイス 抹茶風味のアングレーズソース
 

 

 

 
地元プレスの報道記事: PDF文書

農水省サイト: 農林水産物等の輸出促進対策

外務省サイト: WASHOKU - Try Japan's Good Food事業 

 


 
Top

サイトマップ | お問い合わせ | 発行者
Japanisches Generalkonsulat Düsseldorf, Immermannstr. 45, D-40210 Düsseldorf, Tel: +49 (0) 211 / 16 48 2 - 0
Copyright(C):2012 Consulate General of Japan in Dusseldorf