安全安心メール

2015年

6月30日 安全安心メール:新たな手口の住居侵入に注意

最近、ケルン市では、高齢者宅を訪れた少年らが、「自宅で飼っている猫が、この家の庭に入り込んだので見せてほしい」などと騙して家主を庭に誘い出し、この隙に共犯者が開けたままのドアから住宅に侵入して金品を盗む手口の住居侵入窃盗事件が多発しており、警察が注意喚起を行っています。ノルトライン=ヴェストファーレン州内では、電気や水道の点検作業員や介護サービス関係者を装うなどして住居に侵入する事件も発生しています。呼び鈴を押されても不用意に開錠せずにインターフォンやドア越しに応対するほか、突然かつ不審な訪問者は絶対に家に入れないよう十分に御注意願います。