安全安心メール

2016年

2月12日 安全安心メール:デュッセルドルフ市内で銀行強盗

2月10日(水)、デュッセルドルフ市内で、銃器で武装した男が銀行に押し入り、現金数千ユーロを強奪する銀行強盗事件が発生し、警察が注意喚起と共に事件に関する情報提供を呼びかけています。お心当たりの方は、デュッセルドルフ市警察(電話0211-8700)まで情報提供をお願いします。

 

今回の事案概要は以下のとおりです。

2月10日午後4時52分、デュッセルドルフ市BrunnenstrasseDusseldorf-Bilk駅南側)の銀行に、銃器を持った男が押し入り、現金払い出し係の女性を脅して現金を渡すよう要求した。犯人の男は女性から現金数千ユーロを奪い、徒歩でいずれかに逃走した。警察は現在も犯人の行方を追っている。

犯人は年齢30~40歳位で身長約180cm、全て黒色の服を着用し、黒い銃器を所持しており、ビニール袋に現金を入れて運び去った。

 

==============

《総領事館からのお願い》

○日頃から危機管理意識を持ち、外務省の海外安全情報や報道等により、最新の治安情勢を把握するよう努めてください。

○3か月以上滞在する方は、緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。

http://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=1617&m=1378&v=d5bce25c

http://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=1618&m=1378&v=36a9e995

○3か月未満の旅行や出張などの際にも安全に関する情報を随時受けとれるよう、「たびレジ」に登録してください。

(詳細はhttp://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=1620&m=1378&v=d1496378 参照)