安全安心メール

2015年

6月8日 安全安心メール:旧市街でナイフ使用の傷害事件

6月7日(日)早朝、デュッセルドルフ市内の旧市街で、男性がナイフで刺されて負傷する傷害事件が発生しました。警察では注意喚起と共に事件に関する情報提供を呼びかけています。お心当たりの方は、デュッセルドルフ市警察刑事捜査32局(電話0211-8700)まで情報提供をお願いします。

 

事案概要は以下のとおりです。

7日午前4時50分頃、市内の旧市街Burgplatzで、エッセン市出身の19歳男性が些細なことから見知らぬ男と口論になり、殴り合いのケンカとなった末、相手からナイフで刺されて負傷した。被害に遭った19歳男性の命に別状はないものの、現在も病院で治療中である。警察では、現場からHeinrich-Heine-Allee方向に逃走した男について、傷害の容疑で捜査を進めている。犯人は年齢30歳位で身長約165センチの筋肉質であり、南欧風の外見をしていた。また、頭部ははげており、顔にはうっすらとひげが生えていたほか、黒色帽子と黒色ジャケットを着用していたとのことである。