パスポート(旅券)

新規発給及び更新

必要書類

パスポート(旅券)新規発給あるいは更新を申請される方は、次の書類が必要となります。
 

1.

一般旅券発給申請書

1通
   

一般旅券には5年用と10年用の2種類がありますので、希望される旅券の申請書に記載してください。ただし、未成年者(20歳未満)については5年用のみの申請となります。

申請書は当館窓口にあります。
パスポート申請書ダウンロードの先行運用が開始されました。ダウンロードはこちらから。

 

2.

戸籍謄(抄)本(6カ月以内に発行されたもの)

1通

   

所持するパスポートが有効期限内でかつ本籍・氏名などに変更がない場合、原則として戸籍謄(抄)本は不要です。

 

3.

現在所持しているパスポート

 
   

有効期限が切れていても必ずご持参ください。申請から交付までの期間、当館でお預かりすることになります。

 

4.

6カ月以内に撮影された写真 (35mm×45mm)

1枚

   

白黒、カラーいずれも可。無背景で影がなく、無帽で正面を向いたもの。 顔の大きさに制限がありますので、こちら を参照してください。

 

交付及び手数料

 

1.

交付

 
   

通常、申請の翌日から数えて4開館日以降にお渡しできます。受領の際には必ず「申請者本人」が窓口にお越しください。

 

2.

手数料(2017年度)

 
   

(1) 10年有効の旅券
(2) 5年有効の旅券
(3) 5年有効の旅券 (12歳未満の場合)

131ユーロ
90ユーロ
49ユーロ

 
   

年度をまたぐ申請の場合は、申請日時点での手数料をお支払いいただきます。
(例)3月31日申請、4月6日交付の場合、前年度の手数料となります。

支払いは現金のみで、クレジットカード等による支払いはできません。
また、できる限りお釣りのいらないようお願いします。

 

更新の申請は、非MRP(機械読みとり式でないパスポート)やMRPからの切替、あるいは査証欄に余白がない場合を除き、現在所持されているパスポート(旅券)の残存有効期間が1年未満になってから申請できます。

 

外国人と親族関係を有し、非ヘボン式で氏名の記載を希望される方や別名併記を希望される場合は、つづりの確認できる書類(当地の官公署発行の出生証明書・婚姻証明書等)をご持参ください。

 

未成年者(20歳未満)の申請には、旅券発給申請書(裏面、法定代理人署名欄)あるいは同意書(用紙は当館窓口にあります。)に親権者の署名が必要です。

 

署名欄の記載が可能であれば、申請者が小学生でも本人による署名をお願いします。

 

盗難や紛失の場合

必要書類

盗難や紛失に伴い、パスポート(旅券)を申請される方は、次の書類が必要となります。
 

1.

紛失一般旅券等届出書

1通

   

届書は当館窓口にあります。

 

2.

一般旅券発給申請書

1通

   

届書は当館窓口にあります。

 

3.

戸籍謄(抄)本(6ヶ月以内に発行されたもの)

1通

 

4.

盗難・紛失の場合はその証明書 

1通

   

盗難届出証明書は警察署等で、紛失届出証明書は遺失物取扱所で発行されます。

 
 

5.

6カ月以内に撮影された写真 (35mm×45mm) 

2枚

   

白黒、カラーいずれも可。無背景で影がなく、無帽で正面を向いたもの。
顔の大きさに制限がありますので、 こちらを参照してください。  

 

交付及び手数料

 

1.

交付

 
   

通常、申請の翌日から数えて4開館日以降にお渡しできます。

 
 

2.

手数料 「新規発給及び更新」に同じ

 

帰国のための渡航書

帰国のための渡航書は、紛失・盗難等のため旅券を所持せず緊急に帰国を必要とする方に、比較的簡易な手続きにより、確実に帰国していただく目的で旅券に代わる渡航文書として発給するものです。
 

必要書類

 

1.

紛失一般旅券等届出書

1通

   

届書は当館窓口にあります。

 
 

2.

渡航書発給申請書

1通

   

申請書は当館窓口にあります。

 
 

3.

盗難・紛失の場合はその証明書

1通

   

盗難届出証明書は警察署等で、紛失届出証明書は遺失物取扱所で発行されます。

 
 

4.

日本国籍を証明する文書

1通

   

戸籍謄(抄)本、又は日本国籍があることを確認できる立証書類。

 

5.

6カ月以内に撮影された写真 (35mm×45mm)

2枚

 

6.

帰国のための航空券や切符あるいはその予約確認書

 
   

帰国日、便名、経由地等が確認できるもの。

 

交付及び手数料

 

1.

交付

 
   

通常、帰国日の前日にお渡ししております。

 

2.

手数料(2017年度)

20ユーロ

 
   

年度をまたぐ申請の場合は、申請日時点での手数料をお支払いいただきます。
(例)3月31日申請、4月6日交付の場合、前年度の手数料となります。

支払いは現金のみで、クレジットカード等による支払いはできません。
また、できる限りお釣りのいらないようお願いします。

 

代理申請はできません。

 
 

帰国するためだけに発給するもので、帰国後旅券が必要な場合は、改めて旅券の再発給申請が必要です。

 

査証欄の増補

パスポート(旅券)の査証用のページに余白がなくなった場合、1回にかぎり査証用のページを付け足すことができます。
また、新たにパスポートの発給申請をする際に同時に査証用ページの増補を申請することができます。
 

必要書類

 

1.

現在所持する有効なパスポート

 
 

2.

査証欄増補申請書

1通

   

申請書は当館窓口にあります。
パスポート申請書ダウンロードの先行運用が開始されました。ダウンロードはこちらから。

 

交付及び手数料

 

1.

交付

 
   

通常、申請日の翌日から数えて2開館日以降にお渡しできます。

 
 

2.

手数料(2017年度)

20ユーロ

 
   

年度をまたぐ申請の場合は、申請日時点での手数料をお支払いいただきます。
(例)3月31日申請、4月4日交付の場合、前年度の手数料となります。

支払いは現金のみで、クレジットカード等による支払いはできません。
また、できる限りお釣りのいらないようお願いします。    

 

査証用ページに余白がなくなった場合は、旅券の有効期限が1年未満に達する前でも、新たな旅券を申請することができます。

 

記載事項変更旅券

婚姻などにより旅券の記載事項(氏名や本籍地の都道府県名)に変更が生じた場合は、速やかに変更手続きを行う必要があります。旅券記載事項の変更手続きでは、(1)旅券の新規発給、または、(2)記載事項変更旅券の発給、を選択できます。
旅券を新規発給した場合には有効期間も更新されますが、記載事項変更旅券を発給した場合の有効期間は旧旅券の有効期間満了日までとなります。また、両者では手数料の金額も異なります。 

※ 平成26年3月19日をもって、追記欄へのスタンプ方式による「記載事項の訂正」制度は廃止されました。
 

必要書類

 

1.

現在所持する有効なパスポート

 
 

2.

一般旅券発給申請書(記載事項変更用)  1通

 

   

申請書は当館窓口にあります。
パスポート申請書ダウンロードの先行運用が開始されました。ダウンロードはこちらから。

 
 

3.

記載事項の変更を疎明する資料       1通

 
   

姓及び本籍地都道府県名の変更の場合は戸籍謄(抄)本 
※外国人と婚姻され戸籍上外国式の姓となられた方や戸籍上変更はなくても配偶者の姓などの併記を希望される場合は、つづりを確認できる書類(当地の官公署発行の婚姻証明書など)を併せてご持参ください。

 

 

4.

6カ月以内に撮影された写真 (35mm×45mm)   1枚

 

交付及び手数料

 

1.

交付

 
   

通常、申請日の翌日から数えて4開館日以降にお渡しできます。

 
 

2.

手数料(2017年度)

49ユーロ

 
   

年度をまたぐ申請の場合は、申請日時点での手数料をお支払いいただきます。
(例)3月31日申請、4月6日交付の場合、前年度の手数料となります。

支払いは現金のみで、クレジットカード等による支払いはできません。
また、できる限りお釣りのいらないようお願いします。  

 

申請書の請求

上記の各申請書や用紙は、事前に郵送でお送りすることが可能です。郵送を希望される方は、
   ・申請書等の種類(新規・更新の場合、10年用・5年用の別)
   ・申請書等の必要枚数

を明記し、返信用封筒(A4 サイズが折らずに入るもの、返信用切手を貼付し住所・氏名を記載したもの)を同封の上、当館宛に送付ください。折り返し返送いたします。


古い旅券申請書は使えない可能性があります。 


※2016年1月4日より、パスポート申請書ダウンロードの先行運用が開始されました。ダウンロードはこちらから。


※申請書類へのご記入は必ず「黒ペン」でお願いします。

おすすめ情報

パスポート申請書ダウンロードの先行運用が開始されました。