教科書配付(子女教育) 

学齢期のお子様及び保護者の方へ-小中学校の教科書無償配付について-

文部科学省では、毎年、海外に在住する義務教育学齢期の児童・生徒を対象に日本の教科書を無償で配付しています。これを受けて、総領事館では、無償配付対象の皆さんに次の要領で教科書の配付を行っています。
※なお、これから海外に移転される方は、必ず日本出国前に(財)海外子女教育振興財団にご連絡の上、教科書を入手して渡航してください。
 

1.無償配付対象者

配付対象は、当館管轄地域内(ノルトライン・ヴェストファーレン州)に長期滞在し、日本国籍(重国籍を含む)を有する、義務教育学齢期(日本の小学一年生から中学三年生)の児童・生徒となります。
日本国籍の永住者は原則として対象となりませんが、将来日本の中学、高等学校などへの進学又は日本で就労する意思を持つ義務教育学齢期の児童・生徒は配付を受けられます。
日本人学校及び日本語補習授業校に在籍している生徒(※)は、通常、各学校を通じて教科書の配付を受けられますので、申込の必要はありません。

※日本語補習校へ通われている、又は通われる予定の方への注意事項
● 次回配付時期までに同校を退校することが決まっており、その手続きをされている方で、次回も教科書の配付を希望する場合は総領事館にてご申請ください。
● 申請〆切後に、同校への入学手続きをされた方は、配付数に含まれておらず、教科書の準備がありませんので、総領事館にて「追加送付申請」を行う必要がございます。「追加送付申請」については、以下4.をご覧ください。
 

2.配付教科書・時期・方法

配付教科書:該当学年の1セットのみ
配付時期:小学校用は、3月下旬(前期分)、9月中旬~下旬(後期分)の年2回
       中学校用は、3月下旬の年1回
配付方法:申込者にEメールにて連絡し、当館領事窓口にてお渡ししております。
 

3. 申込方法・期限

総領事館に備え付けの「教科書給付申請書」にご記入の上、旅券を添えて窓口にご提出下さい。 
なお、申請に際しては、「在留届」が提出済みであることが必要です(未提出の場合は、その場でご提出お願いします)。

申込書提出期限
9月末(翌年度前期分)、3月末(後期分)
※平成30年度教科書(小学校前期、中学生)の申請書提出期限は2017年9月25日(月)までです。(申請書のダウンロードはこちら)(終了しました)※
 

4.提出期限後の教科書追加送付申請について

すでにノルトライン・ヴェストファーレン州内にお住まいの方で、上記申込時期に申請手続きが出来なかった方は、在外公館を通して(財)海外子女教育振興財団へ「教科書追加送付」を依頼し、無償教科書を受け取ることができます。申請には、旅券及び教科書追加送付申請書(※当館にて準備しております)の提出が必要となりますので、当館領事窓口にてお申し込みください。
申請書が外務省を通じて財団に届き次第、財団より教科書送付に関する連絡がメールで申請者宛に届きます。追加送付申請の場合は、財団での手数料と日本からの送料は申請者負担となります。詳細は同財団へ直接お問い合わせください。

(財)海外子女教育振興財団(出国前に教科書を受領できなかった方へ
 

5.その他

無償配付対象ではない方、あるいは該当学年以外の教科書を希望される方は、OCSもしくは、海外子女教育振興財団(同財団教科書についてのQ&Aページを参照)を通じて購入することができます。